病気を早期に発見したい

婦人

早く医療機関に行きたい

鬱病は憂鬱な気分が長く続いたり、無気力になってしまい趣味や娯楽を楽しめなくなったり、服装やメイクなどの見だしなみに無頓着になることが多いです。鬱病が疑われる場合は精神神経科の病院やクリニックを受診して、カウンセリングや問診などの鬱診断を受けて下さい。些細なことでイライラしたり、睡眠障害や食欲の低下も見られたりすることが多いです。精神神経科の病院やクリニックは、心身の調子が優れない人が通院をする場所なので、清潔で落ち着いた雰囲気の診察室になっています。完全個室で診察やカウンセリングが受けられますし、問診表によるチェックや心理テストなどを行うこともあります。血液検査などの体の検査を行うこともありますが、仮面うつ病の場合は心身の不調が原因で病気が診断されることもあります。地元で評判の高い精神神経科の病院やクリニックでは、診察や問診、カウンセリングに時間を掛けてくれるので、総合的に判断をして病気が診断されることが多いです。うつ病は十分な休息や睡眠が必要な病気なので、生活習慣や食生活を見直す努力も必要です。鬱診断されると抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などを処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。通院を始めた頃は、家族が薬の管理をしてあげると良いでしょう。精神神経科の病院やクリニックは、予約制の所が多いので、事前に電話などで予約を入れておきましょう。患者は精神神経科の病院やクリニックに通院をするのに抵抗を感じる人も多いですが、早期に病気を診断してもらうことで、回復を早めたり、寛解した状態を長く維持したりして社会復帰をすることも可能です。精神神経科の医師や医療スタッフは親切で丁寧な応対なので、抵抗を感じる必要はありません。ほとんどの病院やクリニックでは問診による鬱チェックが受けられるので、カウンセリングなどの精神療法や診察などで患者の表情を確認したり、同居している家族の話を聞いたりすることで鬱病が診断されることが多いです。一人一人の病気の症状や重さが違ってくるので、回復の早さには個人差がありますが、早い段階から内服薬を処方してもらったり、認知行動療法や精神療法などを受けたりすることで、少しずつ辛い症状が改善してきます。うつ病は怠けていると誤解されやすいですが、少し回復してくると家事や仕事をやりたがるようになります。比較的若い10代、20代の人にもうつ病は増えているので、家族の変化が見られたら、早めに説得をして病院に通院をさせることが大事です。放置をしていても悪化してしまうので、早めに鬱チェックを受けましょう。